ダイエット中でもお酒を飲みたいとき、醸造酒と蒸留酒、どちらを選んで飲んだらよいのでしょうか。

 

ダイエットをしているときに飲むとしたら醸造酒より蒸留酒がおすすめです。なぜ醸造酒より蒸留酒かというと、蒸留酒のほうが糖分を含まないからです。ダイエットをしているということでお酒を飲みたくても我慢している方がいらっしゃるかもしれませんが蒸留酒を適量飲むのならそれほどダイエットには影響しないのですね。

 

では醸造酒と蒸留酒についてそれぞれ簡単に特徴をまとめてみましょう。

 

醸造酒とは原料を酵母の働きによってアルコール発酵させたお酒のことです。具体的には、日本酒、ワイン、ビールといったものがよく飲まれています。ワインのように原料に糖分が多く含まれている場合は酵母を加えるだけでそのままアルコール発酵が始まります。日本酒やビールの場合は原料の穀物のデンプンを糖に変えてからアルコール発酵させます。

 

蒸留酒とは醸造酒を蒸留して作られるお酒です。具体的には焼酎やウイスキーのようなお酒が蒸留酒です。蒸留酒は醸造酒に比べてアルコール度数が高いのが特徴です。でも製造工程によって蒸留酒は純粋なアルコールになっています。だから蒸留酒は体の組織にはならず、太らないと考えられるのでダイエットのときも安心して飲めるお酒なのです。

 

食事を楽しみながらお酒を飲むときなどは食事に合わせてお酒を選びたいという方もいらっしゃるでしょう。でもそのお酒が醸造酒か蒸留酒かを考えることもダイエット中は大切なんですね。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼

 
カテゴリー : RIZAPとダイエット