RIZAPではレジスタンストレーニングが行われていますが、レジスタンストレーニングとはどんなものなのでしょうか。

 

RIZAPでも行われているレジスタンストレーニングとは「レジスタンス=抵抗」をかけて行う筋力トレーニングのことです。抵抗をかける方法としては重力、慣性、弾性といった力です。たとえば重力による抵抗を利用したものはウエイトトレーニングと呼ばれます。

 

なぜRIZAPではダイエットやボディメイクの方法としてレジスタンストレーニングを採用しているのかというと、脂肪は落としても筋肉を落とさないようにするためです。

 

カロリー制限という方法だけでダイエットをすると脂肪だけでなく筋肉も落ちます。筋肉が落ちると太りやすく痩せにくい体質になります。つまり、ダイエット後、いったん減った体重が元の体重にもどってしまう、または元の体重以上に太ってしまう「リバウンド」が起こりやすい体になる可能性があるのです。

 

ダイエット後も体型を維持するためには食事に気を付けることはもちろん、筋肉が落ちないようにするための運動も必要なんですね。

 

ところで、トレーニングには持久力トレーニングというものもあります。持久力トレーニングといえば、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどがあげられます。こうしたトレーニングに比べてRIZAPで取り入れられているようなレジスタンストレーニングのほうが基礎代謝が上がって痩せやすい体質になるという調査結果が出されています。

 

このようにレジスタンストレーニングのメリットを活かしたRIZAPのボディメイクにチャレンジしてみませんか。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼

 
カテゴリー : RIZAPの気になる情報