RIZAPでは食事指導を行っていますが、お酒を飲むことについては制限されるのでしょうか。

 

RIZAPの食事指導ではお酒を飲むことを禁止していませんが、飲んでも良いお酒の種類が限られています。

 

RIZAPのお酒についての制限は「醸造酒を飲むのは控える」ということです。醸造酒とはビール、ワイン、日本酒などです。

 

なぜ醸造酒を飲むのを控えなくてはならないかというと、醸造酒は「炭水化物=糖質」を多く含むからです。RIZAPの食事指導は低糖質の食事をすすめているので醸造酒は控えるのですね。

 

そのかわり、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は飲んでもかまいません。ただし、焼酎やウイスキーであってもどの程度飲むかを考える必要があります。

 

アルコールのカロリーは1gあたり7kcalということですが、アルコールのカロリーは血行を促進したり体温を上昇させるのに使われてしまうので、アルコールでカロリーを摂取しても体の組織にはならないと考えられ、太ることには結びつかないと思われがちです。

 

でもアルコールの作用として食欲の増進があるので食べ過ぎたり、ついお酒を飲みすぎたりしてしまえばカロリーオーバーにつながります。お酒を飲むなら種類と飲酒量をきちんと管理することが大切です。

 

ダイエットをしているといってもRIZAPが考える食事の基本は楽しんで美味しく食べるということです。だから必要なものを選んでしっかり食べたり飲んだりするという食事の仕方が習慣になるのです。お酒も適度に楽しみながらダイエットをすすめましょう。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼

 
カテゴリー : RIZAPとダイエット